MENU

介護職員施設間交流研修を開催します。(オンライン研修)

事業者の方へ

2020.08.14

本研修では、リーダー候補者がこれまでの自身の仕事を見つめ直すとともに、他施設の良いところを学び、視野を広げ、研鑽しあい、よりよい施設作りへと活かしてもらうことを目指して実施します。

なお、今年度は新型コロナウイルス感染症の拡大により、改めて生活を支える介護の仕事の重要性が認識されました。新型コロナウイルスとの共存が必要といわれる中、感染症対策をはじめ、どのように高齢者の暮らしを支えていくか、また介護士自身のケアの仕方について、同じ地域の職員で考え、今後の対応に活かしていくための機会とします。

 

 【参加対象者】

  以下(1)及び(2)に該当する方。

  (1)埼玉県内の高齢者福祉施設等に勤務する介護職員

  (2)次期リーダー候補の介護職員(介護職としての経験年数が通算3~5年程度)

 

 【申込方法】

  下記の「参加申込書(西部・東部)」、「参加申込書(南部・北部)」からお申込みください。

 

 

開催概要について

1 内容

インターネットを使ったオンラインによる講義・演習

テーマ:「ウィズコロナ時代 高齢者の暮らしをどう支えるか」

~自分の地域で考える利用者へのケアのあり方・セルフケアの仕方~

 

2 日時 ※北部地域のみ時間が異なるため、ご注意ください。

対象地域

期 日

時間

申込締切日

西部地域

令和2年9月18日(金)

13:00~15:00

令和2年

9月11日(金)

まで

東部地域

令和2年9月25日(金)

13:00~15:00

南部地域

令和2年10月8日(木)

13:00~15:00 

令和2年

9月25日(金)

まで

北部地域

令和2年10月15日(木)

10:00~12:00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3 定員

  各日程共 40名(計160名)

 

4 ファシリテーター:株式会社Blanket 秋本 可愛 氏

 

5 費用・準備・お願いしたい事項

(1)参加費:無料

(2)準備

     オンライン研修ですので、次の機材等の御準備をお願いします。

   ○カメラ付きパソコン(又はパソコンとウェブカメラ)

   ○ヘッドホン又はイヤホン

   ○マイク(パソコンのマイク又はヘッドホン付属マイクがあれば可)

 ※パソコン又はタブレット端末での受講をお願いします。

  スマートフォンは画面が小さいのでお避けください。

 ※研修の中で、グループワークを行うため、パソコン、タブレットのいずれにしても、

  1台につき参加者が1名となるようお申込みください。

 ※ネット環境として有線を推奨します。Wi-Fiも問題はありませんが、携帯のテザリングなどは途切れやすい

  のでお避けください

   

6 参加にあたって

  (1)参加方法のお知らせとアプリのダウンロード

研修日1週間前頃に、参加方法(IDや受講者マニュアル等)を参加申込書に記載いただいたメールアドレスにお送りします。

また、参加の際にはWEB会議システムZOOMアプリをダウンロード下さい。(URLを読み込む時にダウンロードできます)。ID等が届きましたら、接続テストをしていただくようお願いします。

  (2)受講環境

オンライン研修は、研修会場への移動が無く、研修前後に業務ができるメリットもありますが、気持ちの切り替えや施設内の業務に気が散ってしまい、研修に集中することができない状況になる可能性もあります。

各施設長様におかれましては、当日施設で適切な受講環境を御準備くださるなど、御協力をお願いします。   

 

 

7 問い合わせ先

社会福祉法人埼玉県社会福祉協議会 福祉人材センター(矢口・川上)

  Tel:048-833-8033 E-mail:jinzaicenter@fukushi-saitama.or.jp