MENU

介護の魅力PR隊公式YouTubeチャンネル

埼玉県福祉人材センターでは、介護の魅力を広く知ってもらうことを目的として、「介護の魅力PR隊公式You Tubeチャンネル」を開設しました。

運用方針はこちら

介護の魅力PR隊と知事のトークショー動画

モデルであり、介護福祉士として現場で従事している上条百里奈さんを司会に迎え、介護の魅力PR隊隊員と大野知事のトークショー動画が埼玉県公式チャンネル(サイタマどうが)に掲載されています。PR隊員が介護の魅力を熱く語っています。ぜひ、ご覧ください。

【「ありがとう」だけじゃない】介護の仕事本音トーク!(2023年)

「ありがとうという言葉よりもあなたでよかったというピンポイントの言葉がすごくうれしい」。「今の親子関係は介護の仕事に就いたから」。  介護の道をなぜ選んだのか?介護についてどう考えているのか。仕事に自身の成長ややりがいを感じながら働く現役の介護職員2人が語る、「常に必要とされる仕事」介護職の魅力をぜひ聞いてみてください。(7分4秒)

【プロフェッショナル】介護の仕事は高度なスキルでできている!(2023年)

介護職は普段どんなスキルを活用して仕事をしているのか。普通は見ることができない介護スキルを多角的に徹底解説! 現役の介護職員が「起きる」「立つ」「移る」時のスキルを紹介するとともに、普段から心がけていること、介護をするうえで大事なことについて語ります。 ※動画で紹介している介護技術は様々ある中の一例です。(9分52秒)

【小学生自由研究】福祉・介護について調べてみよう!まとめ方も教えます。(2023年)

どうしたらみんなが暮らしやすくなるだろう?サポートが必要な人がもっと暮らしやすくなるためには?日常生活の中でヒントを探してみましょう。

夏休みの自由研究としてはもちろん、総合的な学習の時間の題材としてもプロフェッショナルとして働いている介護職、福祉職について調べてみませんか?(6分32秒)

【親子対談】自分の子が介護職に、そのとき親は?!(2022年)

「自分の子が介護の仕事をすると聞いた時は本当にびっくりして…反対しました」

それから10年、介護職として働く子と見守ってきた母の対談動画です。

親世代の皆さんは「介護職」と聞いてどんなことをイメージしますか?

当事者親子の体験談をぜひ聞いてみてください(5分1秒)

【現役職員対談】若手介護職が語る介護への想い!(2022年)

若者が介護の仕事を志したとき、親や先生など周囲の大人に反対されることがあります。

現役の若手介護職3人が、実際に言われた周りの人からのマイナスな言葉、言われて嬉しかった言葉を振り返るとともに、介護の魅力、介護の仕事を通じた自分自身の成長等について熱く語り合います(5分10秒)

【データが語る】介護業界の本当の姿(2022年)

介護業界は「給料が安い」「休めないキツイ仕事」、そういった印象がありませんか?この動画では、データに基づく介護業界の本当の姿を紹介します。

これを見れば、あなたの介護への認識が変わります!(6分1秒)

こんにちは、埼玉県介護の魅力PR隊です!(2022年)

令和4年度「埼玉県介護職員合同入職式」に併せて作成した動画のロングバージョン。

過去の活動写真や現役隊員インタビューを詰めこんだ活動紹介動画です。

動画を見れば「これまで」そして「これから」のPR隊の姿がわかるかも…!?(7分27秒)

ケアトークラジオ Cafeゆかり(2021年)

介護現場で働く職員(埼玉県介護の魅力PR隊)が、ラジオのような形式で、テーマを定めてトークをする動画です。
今回のテーマは「介護士になった理由」です!(4分57秒)

ケアトーーク#1(2020年)

介護現場で働く職員(埼玉県介護の魅力PR隊)が、ラジオ形式で、テーマを定めてトークをする動画です。
初回のテーマは「介護士を志した理由」PR隊からさまざまな理由が聞けます ~みんな違ってみんないい!~(11分28秒)

Save the Aged Save the Smile ~高齢者を守ろう、笑顔を守ろう~(2020年)

【コロナに負けない】

介護現場で働く職員(埼玉県介護の魅力PR隊)から、同じように介護の現場で奮闘し、支えていただいている介護職員の方へ向けてのメッセージです。『心はつながっている!』(5分47秒)

割り箸でつくる!カンタンお助け箸(2019年)

2019年9月14日に実施したイベントで、自宅で簡単に作れる【カンタンお助け箸(自助具)】を作成しました。
手が不自由な方も、使いやすいお箸の作成方法を紹介しています。輪ゴムと割り箸があれば作れますので、ぜひ作ってみてください♪(2分59秒)

「Help of life 」 ~人生のお手伝い~(2019年)

一人の女性の一生についての物語です。小学生から、高校生となり、社会人を経て、結婚・出産、子の成長・巣立ちがあり、夫婦2人の生活をする中で、夫に先立たれ、そして一人となります。その後、人生の最終章において、介護施設の職員と施設にて穏やかな日々を過ごします。

このことから、人の一生における最後に寄り添うことができる介護職のすばらしさを伝えるとともに、利用者の方の「人生の物語に一緒に出演しませんか。」との思いを込めています。 (1分41秒)