MENU

新卒保育士就職準備金貸付

 新卒保育士を採用する保育所等に就職準備金を貸し付けることにより、保育士の確保に役立てるものです。貸付対象者が運営する保育所等において、新卒保育士が2年間引き続き児童の保護等に従事した場合には、借りた資金の返済は全額免除されます。

令和2年度埼玉県新卒保育士就職準備金貸付について

貸付対象

以下の全ての条件に該当する保育事業者が対象です。
①令和2年度に新卒保育士(※1)に対して採用の内定をする埼玉県内の保育所等(※2)の施設を運営する法人等であること。
②新卒保育士の勤務先の保育所等が「施設型給付費等に係る処遇改善等加算について」(平成27年3月31日付け三府省連名通知)に定めるキャリアパス要件を満たしていること(申請日時点でキャリアパス要件を満たしていない場合は、市町村による確認が必要)。※ただし、児童養護施設、乳児院及び母子生活支援施設は除く。
③都道府県知事の指定する保育士の養成施設の実習生を受け入れていること又は実習生を受け入れる見込みであること。
④貸付金が交付された月の翌月末までに、新卒保育士に対して20万円を一括で給付又は貸付をすることに同意すること。

 

※1 新卒保育士

 常勤保育士(1日6時間以上かつ月20日以上の勤務)であり、次の①②のいずれかに該当すること。

 ①令和2年度中に養成施設を卒業した者又は卒業見込みの者。

 ②令和2年度中に保育士試験に合格し、保育士証の交付を受けた者又は交付見込みの者。

※2 保育所等

 県及び市町村以外のものが運営する認可保育所、認定こども園、小規模保育事業A型・B型、事業所内保育事業、児童養護施設、乳児院、母子生活支援施設

貸付額

新卒保育士1人あたり20万円又は15万円
※市町村負担がない場合は15万円となります。

貸付人数

500名 ※先着順

 

~受付状況~

 R2.11.30時点 70名

 今後、内定学生の増加に伴い申請が混み合いますので、お早目にご申請ください。

申請期間

令和2年9月25日(金)~令和3年2月10日(水)

返還免除の要件

<市町村負担がない場合>
新卒保育士が、貸付を受けた保育事業者の運営する埼玉県内の保育所等において、児童の保護等に2年間引き続き従事した場合。

 

<市町村負担がある場合>
新卒保育士が、採用された保育所等の所在する市町村内において、貸付を受けた保育事業者の運営する保育所等で児童の保護等に2年間引き続き従事した場合。

就職活動中の新卒保育士の方へ

令和2年10月12日時点で、本制度を利用する見込みの施設は下記のとおりです。ただし、掲載のない施設であっても、要件を満たせは利用できる可能性がありますので、施設にお問い合わせください。

 

よくあるお問い合わせ

問い合わせ先

埼玉県社会福祉協議会 福祉人材センター

TEL 048-824-3370(資金担当直通)